• Australian Shepherd
  • オーストラリアンシェパード

オーストラリアンシェパードのスタンダードについて


起源については諸説あるが、現在ではもっぱら米国で発展した犬種として知られている。1800年に代にオーストラリアから米国へやって来たバスク地方(フランスとスペインをまたがる地方)出身のヒツジ飼いの組合が付けた。第2次世界大戦後、ロデオやホースショー、映画やテレビを通じて、一般の人々にウエスタン・ホースライディングが知られ、そのブームとともにこの犬種も増加していった。 牧畜業者はこの犬種がもつ多芸性、鋭い知性、高いハーディング能力、そして古くから賞賛されていた人目をひく外容を維持するよう努め続けた。
牧畜と護衛の強い本能を持つ利口な作業犬である1日中働き通せる程の耐久力もある。安定した気質で、気立てが良く、めったにケンカしない。家族に対してはとても献身的で、忠実である。

頭部は平ら、あるいはわずかに丸みをおびている。スカルの長さと幅は等しい。マズルはスカルに比べわずかに短い。毛色がブルーマールとブラックのものは鼻と唇がブラック。レッド・ブルーマールとレッドのものは鼻と唇が色はレバーである。目はアーモンド形。色はブルー、アンバー、斑点、マーブリング(大理石模様)を含む色。またはその組み合わせ。耳はほどよい大きさの三角形で、高い位置に付く。かみ合わせはシザーズ・パイト、あるいはレベル・バイトでもよい。背はまっすぐで強く、キ甲からお尻まで水平で引き締まっている。尾はまっすぐで、自然な長尾か、自然なボブ・テイル(先天天気な無尾)。脚の骨は強く、丸いというよりオバール(卵形)。
ブルーマール


ブラック



レッド・マール




レッド



原産地アメリカ合衆国
標準体重雄 20kg~40kg 雌 18kg~30kg
標準体高雄51cm~58cm 雌46cm~53cm